1/6
TESHIO_logo_white.png

てしお町のこと

天塩町(てしおちょう)は北海道北部の日本海沿岸に位置する、人口約3,000人の小さな町です。日本の最北端のまち、稚内市から車で南に1時間ほど。札幌からは高速バスや車を使って約4時間半。​天塩町は日本で4番目に長い「天塩川」の最下流部に位置しており、天塩川流域では天然記念物のオジロワシやオオワシ、日本最大の淡水魚であるイトウが生息するなど、豊かな生態系が広がっています。主な産業は酪農業と漁業で、大粒のしじみと新鮮な乳製品が特産です。冬は厳しく、都会に比べてものは少ないですが、人の温かさや田舎ならではの暮らしの豊かさを感じられる場所です。

天塩町観光協会.png